HOME > MAXISサイト > MAXISとは? > “ものづくり経済圏”東海地域4県の特色とMAXIS S&P東海上場投信のご紹介

“ものづくり経済圏”東海地域4県の特色とMAXIS S&P東海上場投信のご紹介

“ものづくり経済圏”東海地域4県の特色とMAXIS S&P東海上場投信のご紹介

「MAXIS S&P東海上場投信」が投資対象とする東海地方4県はココです。

日本地図

東海4県の基本データ

岐阜県

岐阜県

  • 人口 約2,054(千人)
  • 日本のほぼ中央部に位置しています。平成7年には白川郷・五箇山の合掌造り集落が世界遺産に登録されました。

静岡県

静岡県

  • 人口 約3,743(千人)
  • 緑茶の生産で知られており、日本の最高峰である富士山は平成25年に、明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(韮山反射炉)は平成27年に世界遺産登録されました。

愛知県

愛知県

  • 人口 約7,552(千人)
  • 対象の東海地方4県の 中で最も人口の多い県。自動車産業だけでなく、独創的な食文化でも知られています。

三重県

三重県

  • 人口 約1,834(千人)
  • 歴史文化、伊勢海老に代表される海の幸や松阪牛などが有名です。2016年5月には世界のリーダーが集う伊勢志摩サミットが開催されました。

  • (出所)外務省ホームページ、首相官邸ホームページ、「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成30年1月1日現在)」(総務省)のデータを基に三菱UFJ国際投信作成

2018年7月末現在、日本の取引所に上場しているETF(上場投資信託)はいくつあるのかご存知ですか?

ETFは全部で200本以上(東証ETFと名証ETFの合計)もあります。

その中でも日本の東海地方の企業に投資するという“ご当地ETF”は「MAXIS S&P東海上場投信」だけです。
当ファンドが投資対象とする東海地域4県の特色とファンドの詳細について紹介します。

MAXIS S&P東海上場投信をもっと知ってもらうために各県のNo.1を集めてみました。

岐阜県

岐阜県のNo.1

  • 陶磁器製 和・洋飲食器・モザイクタイル(出荷額)
  • 給排水用バルブ・コック(出荷量)
  • ほう丁・はさみ(出荷額)
  • 換気扇(出荷額)
  • 木製机・テーブル・いす(出荷額)

静岡県

静岡県のNo.1

  • 緑茶・紅茶(出荷量)
  • ピアノ(出荷量)
  • エアコンディショナ(出荷量)
  • プラスチックモデルキット(プラモデル)(出荷額)
  • かつお(漁獲量)

愛知県

愛知県のNo.1

  • 製造品出荷額等
    40年連続全国1位
    (昭和52年~平成28年)
    (従業者4人以上の事業所)
  • 普通乗用車(出荷量)
  • あさり類(漁獲量)
  • ばら(出荷量)
  • 洋ラン類(出荷量)

三重県

三重県のNo.1

  • 液晶パネル(出荷額)
  • 自動販売機(出荷量)
  • 錠、かぎ(出荷額)
  • いせえび(漁獲量)
  • 天然・養殖真珠装身具(出荷額)

上記は平成28年の状況であり、将来の状況を示唆・保証するものではありません。また、特定の品目の推奨を目的とするものではありません。

  • (出所)昭和52年~平成22年、平成24年~平成26年 工業統計調査(経済産業省)、平成28年経済センサス-活動調査(総務省統計局・経済産業省)、漁業・養殖業生産統計、花き生産出荷統計(農林水産省)のデータを基に三菱UFJ国際投信作成

ファンドの目的

対象指数(S&P 日本地域別指数-東海-)の値動きに連動する投資成果をめざします。

S&P 日本地域別指数-東海-について

わが国の金融商品取引所に上場している株式のうち、東海地方(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)に本社を有する企業で構成されている株価指数です。

構成銘柄は、流動性等のスクリーニングを経た銘柄群の中から、浮動株修正時価総額上位50銘柄を選定します。
2001年(平成13年)9月21日(終値)の時価総額を1,000として指数化しており、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表しています。
算出対象銘柄数の増減や増資など市況変動によらない時価総額の増減が発生する場合は、その連続性を維持するため、基準時の時価総額を修正します。

  • ※算出方法:算出時の時価総額÷基準時の時価総額×1,000

S&P 日本地域別指数-東海- 指数構成比

下図の業種別の構成比をみますと、トヨタやスズキをはじめとする「輸送用機器」のウェイトが高く、この点が『S&P 日本地域別指数-東海-』の特徴の一つとなっています。

また、もう一つの特徴は、「JR東海」をはじめとする「陸運業」、「中部電力」をはじめとする「電気・ガス業」。これら公益関連銘柄がバランスよく、組み込まれている点が挙げられます。

S&P 日本地域別指数-東海-の指数構成比上位10銘柄

(2018年7月末現在)

S&P 日本地域別指数-東海-の指数構成比上位10銘柄

S&P 日本地域別指数-東海-の指数構成比上位10業種

(2018年7月末現在)

S&P 日本地域別指数-東海-の指数構成比上位10業種

  • 業種分類は東証33業種分類です。
  • 四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります。
  • (出所)S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
  • 上記は、過去の指数の実績・状況であり、ETFの過去の実績を示すものではありません。また、将来の運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。
  • 上記は特定の銘柄の推奨を目的とするものではありません。

S&P 日本地域別指数-東海- 指数値の推移

このグラフは、2001年9月末を100としてそこから2018年7月末までの指数値の推移をTOPIXと比較して表しています。

青の線が「S&P 日本地域別指数-東海-」それに対し赤の線がTOPIXです。

共に大きく下げる局面もありましたが、期間を通じて青の線が、赤の線「TOPIX」を上回っていることが見てお分かりいただけると思います。

S&P 日本地域別指数-東海-とTOPIXの指数値の推移

  • 2001年9月末を100として指数化(月末値ベース)
  • (出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

過去の実績ではありますが、約17年間、年率換算で9%程度のリターンがあったのが「S&P 日本地域別指数-東海-」指数です。そして、それに連動することを目標として運用しているファンドが「MAXIS S&P東海上場投信」です。

  • 上記は過去の指数の実績・状況であり、ETFの過去の実績を示すものではありません。また、将来の運用状況を示唆・保証するものではありません。
  • 指数については「当サイトで使用している指数について新しいウィンドウで表示」をご覧ください。
  • 計測期間が異なる場合は、結果も異なる点にご注意ください。
どこで購入できますか?どうやって購入できますか?
証券会社で購入することができます。
上場企業に割り当てられる4桁の証券コードで株式が売買出来るのと同様に、「1553」の証券コードで「MAXIS S&P東海上場投信」を購入することができます。
売買単位はいくらですか?最低いくらから購入できますか?
10口単位です。
<例>2018年7月31日現在
終値が1口3,020円ですので、30,200円から購入することができます。
  • ※MAXIS取引単位の金額は2018年7月31日現在の取引所終値を基に算出しています。
リバランスの頻度はどのくらいですか?
年1回です。
毎年9月の第3金曜日の市場取引終了後にリバランスを行います。
分配頻度は年何回ですか?
毎年1月と7月の年2回の決算日に分配方針に基づき分配が行われます。
<例>2018年1月…1,600円、2018年7月…2,050円(100口当たり、税引前)
  • ※分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。また、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

リアルタイムで変動する市場価格で売買ができるという株式取引のメリットと、幅広い銘柄に少額から投資できるという、投資信託のメリットを兼ね備えた「ETF」。

数あるETFの中でも「東海地方の企業を応援したい。」、「主に自動車・自動車関連産業に注目しているが、どの銘柄に投資すればよいか決めかねている。」という方は、「MAXIS S&P東海上場投信」にご興味をお持ち頂けますと幸いです。


ページトップへ